スポンサーサイト

  • 2017.02.25 Saturday

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • 0
    • -
    • -
    • -

    チワワの女の子 ”さくら”ちゃん 

    • 2016.06.30 Thursday
    • 11:10

    2016.1.30生れ ”さくら”ちゃん

     

    今日で生後5ヵ月が過ぎました

     

    ご家族は、お父さん、お母さん、大学生の息子さん

     

    もうすでに、ご家族の愛情を一身に受けて

     

    一家の中心に鎮座していた”さくら”ちゃんですが

     

    可愛い!だけでは平和は訪れません

     

    可愛い!ですべてを許されるものなら・・・というご家族の願いも(笑・・

     

    犬の気持ち・・・”さくら”ちゃんを真に理解していく中でのトレーニングを希望されました

     

    当初の”さくら”ちゃんは、手付かずのまま、あるのは愛情のみということで

     

    秘めたる能力も秘めたままでした

     

    お散歩も、外を歩くことなど、とても怖くて動けない

     

    (お父さんは、怖がる”さくら”ちゃんを抱き上げ『怖いんだね、さくら』)

     

     

    これでは、いつまでたってもお散歩は夢の中だけになってしまいます

     

    犬の生まれ持った本能の中には、警戒心があります

     

    人との暮らしの中で、一番にとり省いてあげるべき警戒心

     

    特にチワワは臆病なところがありますから、ここは大事です

     

    そこからトレーニングは始まります

     

     

    トレーニングを始めて2週間がたったところです

     

    赤点で印した場所

     

    脇の下、上腕部、甲骨のあたり、首の後ろ、あばら骨、腰のまわり、後肢の内側

     

    このような場所を、指圧マッサージ(犬が嫌がりギャンギャン言って、咬みつく場合も)のような

     

    用法で、強く優しく、嫌がらなくなり、目を閉じて気持ちよさそうになるまで

     

    一ヵ所一ヵ所を丁寧に根気よく解消していきます

     

    殆どの仔犬が生まれ持った本能の中の、警戒心の表れの一部です

      

     

    個体差はありますが、まずはチェックして咬もうとするところは特に入念に

     

    わかりづらいと思いますが、犬と人の肌で感じあい、交信しあうものなのです

     

    この時期、この問題が解消できれば、咬み犬はいなくなると信じてます

      

    警戒心がなくなれば、隅っこでひとりぼっちでいなくても大丈夫です

     

    犬の場合は、思考や記憶よりも、経験で覚えていくもの

     

    ”さくら”ちゃんのトレーニング中に、”nico”も自主参加(こういう事よくあるのですが、笑えますよね)

    recent comment

    profile

    search this site.

    PR

    calendar

    S M T W T F S
      12345
    6789101112
    13141516171819
    20212223242526
    2728293031  
    << August 2017 >>

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM